各校紹介

春日部高校

 我が校は明治31年に第4尋常中学校として創立された。春高の徽章、団旗にあるしるしはこの4番目の中学校というところからきている。  「大正13年」我が春日部高校の前身である粕壁中学校応援団は本校創立に遅れること20年余り、校友会の一団体として発足した。このことは応援団史上非常に古く、当時東京六大学にも、明治・法政にしか応援団がなく、埼玉県内に至っては、全く応援団というものがない頃であった。この歴史と伝統は全国に於いても指折りである。

 昭和23年に校名が春日部高等学校に改められ、同時に戦時中停滞気味であった応援団が再興した。又、32年には慶應義塾大学應援指導部よりコーチを招き、正しいリーダー技術を学んだ。部の名称も34年に「応援団指導部」翌35年には部員だけでなく皆と一緒に応援しようという意味を込め「応援指導部」と改められ、「勝利の拍手」「撃滅の拍手」「チャンスの拍手」が完成した。そして、翌36年には応援歌「若き血潮」「春高音頭」が完成、第1号団報も発行され、第1回「エンジの集い」が開催された。この「臙脂の集い」は現在までで46回を数え、春高祭のメイン行事として多くの方に親しまれている。続いて52年には応援歌「春高健児」学生歌「母校よ春高」が完成した。又、同年川越高校應援團・浦和高校応援団・熊谷髙校應援團と共に四校応援団連盟が結成され、第1回「日輪の下に」が開催された。そして54年には不動岡高校応援部が応援団連盟に加盟した。56年には創部60周年を記念し応援曲「勇者春高」が完成した。60年には松山高校應援團が応援団連盟に加盟し、現在の六校応援団連盟となった。平成元年、創立90周年を記念して、応援歌「猛き精鋭」が完成。7年には応援曲「轟快なる勇志」が完成した。11年には学校創立百周年を記念して、学校側の全面的な協力により、現在の大団旗が完成した。13年には「前奏ラテン」「ビッグウェーヴマーチ」を新たに作曲、これらに「勇者春高」を加えた3曲による野球応援メドレー「常勝春高」が完成し、16年新たに作られた「鼓舞激励」「英姿颯爽」と「常勝春高」を組み合わせ、新しい野球応援メドレーが完成した。18年にはOB諸兄の全面的な協力により、新団旗完成した。そして今年で83代を迎えた


浦和高校

 我が埼玉県立浦和高等学校は、明治二十八年、第一尋常中学校として開設され、以後一世紀の永きに亘り県下はもとより全国にその名を轟かせてきた。

 戦後、二十年代までの応援団は必要に応じて有志により臨時に組織されるものであったが、それを恒常的な組織にしようという運動が起こり、昭和二十六年七月四日、生徒会の承認を受け、正式に浦和高校応援団が結成された。そしてこの頃、第一応援歌が完成するが、あまり普及しなかった。また、応援団自体も入団者がいなくなり消滅してしまう。

 その後、志村嘉一郎先輩らによって応援団復活運動が起こり、昭和三十二年、浦和高校応援団は復活した。時を同じくして第二応援歌、翌三十三年には第三応援歌も完成し、この年から新入生への校歌・応援歌指導が開始された。三十七年には浦高応援団OBであり、当時慶應義塾大学応援指導部三年であった近江周介先輩の指導のもと、『勝利の拍手』が製作された。また、この頃の応援活動は野球、サッカー、ラグビーはもちろんのこと、バレーやバスケ、柔道に至るまでの活躍ぶりだあった。

 そして四十一年、第二十回浦高祭に於いて『第一回銀杏樹の下に』が開催された。五十二年には春日部、川越、熊谷の各校応援団と共に、合同演技発表会『第一回日輪の下に』を開催した。現在では松山、不動岡高校の応援団も加わり、六校応援団連盟として多くの行動を共にしている。

 五十三年には第四十期リ-ダー長篠田雅彦先輩によって『烈火の拍手』が製作される。そして五十五年には、昭和二十六年に制作されたものの、消滅してしまっていたかつての第一応援歌が、第四十二期幹部の手により『応援歌・八重雲起る』として生まれ変わった。型は当時のリーダー長坂東正已先輩の考案による、ほかに類を見ない豪快奇抜なものである。今ではこの『応援歌・八重雲起る』は浦高生に最も親しまれている応援歌となっている。その後昭和六十三年第五十期リーダー長堀口学郎先輩をはじめとする第五十期幹部の手により『拍手・銀杏乱舞』が制作された。平成二年には、第五十一期幹部により浦高オリジナルマーチ『ウィニングマーチ』を発表。翌三年にはOB諸兄、関係者各位の御協力により、壮大かつ秀麗な「浦和高校大団旗」が完成した。さらに翌年には第五十三期幹部を中心にOB会が発足した。

 また平成七年には、浦高創立百周年を記念して、浦高OBであるタケカワユキヒデ氏により『勝て浦高突き進め』通称『百周年歌』が作られ、翌年、第五十八期幹部により型も完成した。そして、平成十二年には大団旗の老朽化に伴い、OB諸兄、関係者各位の御厚意のもと「浦和高校新大団旗」が完成した。平成十四年には第六十三期幹部大和田氏を中心として、応援旗が制作された。近年では各種同窓会やOB会、留学生歓迎イベント等からも招きを受けるようになり、学校内外から認められた存在として、今後一層の活躍が期待されている。


川越高校

 昭和26年6月、全校生徒から歌詞を公募し、応援歌「奮え友よ」が制定される。29年、應援團役員が生徒会に募集により臨時に編成される。これが前身である。34年7月、野球部が甲子園全国大会に出場し、それを切掛に大きく発展する。38年「規律・礼節・団結」の三つがモットーとなる。40年、早稲田大学よりコーチを招き指導を受け、現在の演技の基礎ができる。52年9月、春日部、浦和、熊谷の各校と相互の親睦を深めるため、合同の演技発表会「日輪の下に」を開催し、現在では、不動岡、松山の二校を加え、六校応援団連盟として活動している。56年、従来の大団旗の老朽化が顕著であったため、OB諸兄の御支援のもとに、大団旗の完成に至った。56年第6代統制部長の菅野真二先輩の手によって応援歌「凌雲の志」が作成される。63年、創部30周年を記念し、第29代幹部により「ファイティングマーチ」が作成される。また平成5年、OB諸兄の御協力を頂き、新たに大団旗が完成した。これは縦3.2m、横4.8m、ポールの長さは6.07mである。平成7年、早稲田大学応援部より、大進撃、スパークリングマーチを、平成14年には新たにダイナマイトマーチ、F1を頂き、野球應援がさらに活気あるものとなる。そして平成16年、本校OB諸兄の御協力を頂き、新大団旗が完成した。これは、縦3.6m、横5.4m、ポールの長さは6.07mであり、竿頭を含めると6.52mである。現在我が校應援部は第47代に及び「打倒、撃滅、水月、川高、乾杯、紫紺、炎」の七つの拍手と「川高勝つ」、そして、「校歌、第一、第二、第三応援歌、凌雲の志、凱歌、初雁節、団歌、川高節」の九つの歌をもち活動している。


熊谷高校

 熊谷高等学校は、明治29年に第二尋常中学校として創立され、以来100余年の長きにわたり、県北の雄として、その名を全県に轟かせて参りました。

 野球部創立当時は1,2年の野球部員によって行われていましたが、昭和17年10月10日、ここに伝統ある熊谷高校応援団が学校取締風紀係として発足し、県内でも1,2を争う熊中野球部の応援を行っていました。戦後昭和24年に新校歌が斯界の大御所・山田耕作氏の作曲で完成、そして同年本県最初の甲子園出場となり、応援団の活動も活発になりました。さらに2年後の昭和26年に野球部が甲子園で決勝戦にまで勝ち進み、それと共に、熊高応援団の名を轟かせて参りました。その当時は第1~5応援歌、熊中第二校歌であった高山峭嶽そして第1拍手から第7拍手があったといわれています。当時は羽織袴に高下駄姿の応援であり、今でもその伝統は一部残っています。

 しかし、その後野球部が振るわなくなり、それと共に応援団の活動も低迷し始めました。昭和57年に野球部3度目の甲子園出場を果たし、それを機に第38代団長荒井雅之先輩の下、応援団の活動も再活発になりました。

 そして現在、「第1応援歌」「第2応援歌」「第5応援歌」(第3、第4応援歌は現在歌われていません) また第40代団長、関根弘和先輩により、「高山峭嶽」が新たなリーダーに変わり復元され、第41代団長、大東春洋先輩により「勝利の伝統」が、そして第46代幹部の方々の手により「王者熊高」「勝鬨挙げよ」「スマッシュ熊高」および「この旗の下に」が完成し、8つの応援歌を有することになりました。

 また生成期の3,3,7拍子を主体とする拍手を先の大東先輩が改良し独創的な技を組み入れ豪快、流麗な拍手「風林火山の拍手」をはじめ、「精鋭の拍手」「鉄腕の拍手」「わっしょいの拍手」「水月一拍子」と、5つの拍手があります。他に熊高マーチ、そして慶應義塾大学応援指導部より、マーチ「突撃のテーマ」の楽譜をいただき、多彩な応援技術を持ち、全県にその名を轟かせている今日であります。


不動岡高校

 我が不動岡高等学校は明治19年に私立埼玉英和学校として開校され昭和60年で100周年の 節目を迎えた。我が部は昭和40年に中村滋OB(初代団長)を中心に19人の有志の手によって 同好会として発足し、その翌年、部に認可され応援部として始まったのである。この年に 「必勝の叫び」「不動岡拍手」「一般テク」「花ランマン」「不動岡音頭」が完成し、正 団旗、腕章、団章が作成されたのである。昭和45年には「不動岡小唄」が、49年に創部10 周年を記念し「胡蝶の拍手」「学生注目」が、そして50年には「ダッシュ不動岡」さらに 51年には「応援小唄」「新人哀歌」が完成し、52年には「ビクトリー・マーチ」「第二応 援歌・若き血潮」が完成したのである。又、53 年には正団旗にかわる団旗として「大団旗」がOBのご支援のもと新調されたのである。そ の後も58年に「勝利の拍手」60年に「チャンス不動岡」が次々に完成し、多くの人々に親 しまれているのである。又、62年に「第三応援歌・不動の闘志」「凱歌・白雲断つ」が、 平成3年に「雷鳴の拍手」が完成し、そして今日に至るのである。


松山高校

 学校創立2年後の大正14年11月、当時、川中対抗戦や体育祭の為に校友全体の應援團の組織が職員に提起され、我が松山高校應援團が発足した。そして昭和38年、全松高生の魂とも言える旧大團旗が完成した。ただ残念なことに昭和47年の卒業生を最後として入團者がいなくなり休部状態となった。

 その後昭和56年、齋藤雅男先輩らが復活運動を起こし、翌57年、松山高校應援團は見事に復活した。それを知った復活前のOB諸先輩方が熱心に指導してくれた。特に田村誠先輩、福田秀一先輩、大野政弘先輩、小沢民雄先輩などは岩殿山正法寺で行われた最初の合宿にまで参加、泊り込みで指導してくれた。

 そして昭和59年の夏、野球部が県大会決勝に進出。その際、生徒、一般人を含む一万人以上の大應援により松山高校應援團の名は埼玉県の津々浦々にまで知れ渡った。その際、明治大学應援團であった故神田潤一先輩も球場に来ていた。同先輩も松高OBであったが、在学中は應援團は休部状態だった。それが西武球場に来てみると、とても良い應援ができているではないか。是非、自分にコーチさせてほしい。と手弁当でのコーチを申し出てくれた。神田コーチの厳しい指導により現在の應援形式の基礎が確立された。

 また、昭和60年、念願の六校応援団連盟に加入し、翌年連盟主催の第11回「日輪の下に」に参加した。

 平成3年、現役への協力機関としてOB会が発足し、同年、OB諸兄の御厚意により旧大團旗が完成した。平成5年、松山高校創立70周年を記念して第五應援歌、愛唱歌が作られ、平成8年、OB諸兄により現在の大團旗が完成した。そして平成15年、松山高校創立80周年を記念して新應援歌【黎明の光】が完成し現在に至る。